• HOME
  • 経営者の右腕としての経営サポート

経営者の右腕としての経営サポート

経営者の右腕としての経営サポート
監督として凄く大切な事がある。できたら自分の弱みを見せられる人を一人作っておくこと。悩みを言えるヤツはチームの内部じゃない方が良いね。岡田武史(元サッカー日本代表監督)

経営とは選択や決断の連続であり、経営者はビジネスを通じて自己実現を図ろうと人生を賭けてチャレンジをしている存在であると私たちは思っています。
それだけに、他の誰よりもビジネスについて真剣に考え悩んでいる人でもあります。
時には他の人の意見を聞きたくなるものの、悩むテーマは大概は機密事項であり社内に話せる人は限られてしまっているのも現実です。
また、社長の悩みは社員はおろか部長や取締役でさえもなかなか理解できず、話せる相手はなかなか見つけられないのではないでしょうか。

あれこれありすぎてまとまりがつかない

一方、社内の各責任者に対して経営のテーマについて相談したくなっても人事責任者に人事テーマ、財務責任者に財務テーマ、営業責任者に営業テーマといったように専門領域に関しては相談できるものの、経営全体の話しはなかなか伝わらなかったり、話しをすることが出来なかったりすることが良くある状態でもあります。しかしながら、経営というものは本来全部が1セットになっているものであり、人事や営業といったパーツ毎に議論を出来るものではありませんし、例えしたとしてもあまり有効な答えは出てこないものです。

経営者の社外の右腕として、経営課題解決をサポート

経営者の「社外の右腕」

多くの経営者方が共通して抱えるお悩みとして次の3つが挙げられていると、考えられます。

  • 1.経営で悩んでいることを相談する相手が見当たらない
  • 2.社員との立場の違いが生む「危機感のズレ」によるストレス
  • 3.次のワクワクするビジョンが見えないストレス

これまで食品製造業、流通業、IT企業などの事業立て直し、組織活性で約100名の経営者の方々と関わらせて頂いて参りました。
その経験と実績を活かして、ライフオーナーシップでは、
新入社員と同等の費用で、経営者を3つの分野から社外の右腕としてサポートします。

経営サポートの3分野に対するサポート概要

1.経営判断の相談相手

お悩み「毎月の業績状況は顧問税理士などから出てくるものの、会社全体や経営という視点での意志決定を相談できる相手がいない」

アドバイス

事業の立て直しに数多く関わってきた経験と、エグゼクティブコーチングのスキルを活かして経営全体を見渡した上での今後の取り組みや、事業運営におけるヒト・モノ・カネの投資判断の相談相手になります。

また、掲げた志とビジョンの実現に向けて、経営者であるあなたがリーダーシップサイクルを回して行くことで前進していくようにサポートします。

事業判断の相談相手
経営者のリーダーシップサイクル

経営者のリーダーシップサイクル

2.社内のコミュニケーションギャップ解消

お悩み「役員/社員に対して何度もビジョンを伝えているのに、いっこうに本気を出して働くそぶりが見えない」「何でも相談してくれと伝えているのに、なかなか本音を言わない。そのくせ、陰では色々と愚痴は言っているようだ」

アドバイス

7年間にわたって、企業買収後の買収企業立て直しに携わった経験からつかんだ「対立解消のノウハウ」を活用し、社長と役員/社員とのコミュニケーションギャップの解消、信頼関係構築をお手伝い致します。

実施例
  • 社員全員で一堂に会して
    ビジョンや現状課題について対話する場を企画・運営
社内のコミュニケーションギャップ解消

3.ビジョン&事業計画の立案支援

お悩み「毎日の仕事が忙しく、会社をもう一段成長させるためのビジョンを描く時間が取れない。また、いざ時間を取ってみても、イメージが漠然としている」

アドバイス

エグゼクティブコーチングで培った傾聴力、引き出す力に加えて、数々の企業研修プログラム を創り出してきた経験で身につけた創造力を活用し、次のステージに向けてのビジョンを描く、事業計画を立案することのお手伝い致します。

実施例
  • LEGOを使ってのビジョン明確化セッション
ビジョン&事業計画の立案支援

サポート概要

1.フルサポート顧問コース

新入社員と同等の費用で「社外の右腕」を手に!

時にご自身の弱みを見せられる【相談相手】として、時に専門知識や知見を基にした【アドバイザー】として、時に忙しい毎日でおざなりになりがちな意志やビジョンの内省を促す【コーチ】として関わらせて頂きます。
またそれだけに留まらず、経営者の社外の右腕として、「成果を出す組織づくり」に向けて幹部や社員への研修や面談にまで携わっていくフルサポートのコースです。

サポート内容

月に1回(6時間)の訪問及びメール・電話でのご相談(回数に制限はありません)

※訪問時は社長のパートナー/右腕として、以下のような場面でご活用ください。

 1 社長との対面相談/コンサルティング/エグゼクティブ・コーチング
 2 幹部や社員との会議同席/フィードバック
 3 幹部や社員に対する研修/講義実施
  • 研修を行う場合は、別途研修プログラムの使用料または作成料がかかる場合があります。
 4 幹部や社員との面談

顧問契約料
社員数30人未満の会社15万円/月
社員数30人以上の会社25万円/月

契約期間

※契約満了の如何に関わらず契約解除は可能です。
※初回契約は3ヶ月。その後、契約続行について協議のうえ決定。
※一年毎の契約更新となります。


留意点

顧問契約を有効活用し、会社の成長につなげて頂くためには、経営者様ご自身にも本気で取り組んで頂く必要があります。そのため、契約前面談では経営者様の本気度を確認させて頂きます。また、顧問契約は8社限定とさせて頂いておりますため、ご相談に応じられない場合もございます。予めご了承ください。

2.相棒型顧問コース

経営者の相棒として、時にご自身の弱みを見せられる【相談相手】として、時に専門知識や知見を基にした【アドバイザー】として、時に忙しい毎日でおざなりになりがちな意志やビジョンの内省を促す【コーチ】として関わらせて頂きます。

サポート内容

月に1回(2時間)の経営者との対面相談、コンサルティング、エグゼクティブ・コーチング(1対1)をご提供します。
また、メール・電話でのご相談(回数に制限はありません)もお受け致します。

顧問契約料及び契約期間
契約料5万円/月
契約期間初回契約は3ヶ月。その後、契約続行について協議のうえ決定

※6ヶ月毎の契約更新となります。
※契約満了の如何に関わらず契約解除は可能です。

2代目社長の皆様へ

前職で7年間にわたりグループ経営企画部署マネージャーを務めていた時に、親会社からの辞令で子会社の社長にはなったものの、これまでの仕事とのギャップや子会社の古参幹部との関係に悩む子会社社長を何人も見てきました。

その方々と、社外や社内からはとかく創業者と比べられることが多く、古参幹部との関係構築に悩む2代目社長とには、多くの共通点があり、是非これまでの経験や知恵を活かして2代目社長を支援したいと思っています。

代表の垂水の2代目社長支援に対する想いをご覧下さい。

  • お悩み事例1 社員の気持ちがバラバラで組織に一体感がない
  • お悩み事例2 共に将来を担ってくれる人材が見つからない
  • 理念形成物語
  • フェイスブック 
このページの先頭へ